K邸リノベーション工事の建具一式

この度K邸のリノベーション工事の建具一式を請負工事致しました。
K邸は築150年(江戸末期~明治)頃に建てられた大きな平屋建てと
後から建て増しされた2階建て両方を京都の設計士に依頼され、
こだわり溢れた工事と
なりました(*'▽')

縁側もサッシでは無く、木製建具で製作!!
 

玄関入ると左側には波打つ   特注の格子でデザインされた目隠しが施されています


このR部分にも  特注ガラスが入ってます

 

                      

 

明るさを上手く取り入れた格子

 

 

 

 

大きな梁を活かした天井

      暗くならないようにと灯り取り

         

親子3世帯が一緒に住め、お互い空間を持てるようにと2か所の水回り

         

  

   

家具は備え付けにしてあります

  網戸も面格子も木製

日本ならではの格子をふんだんに取り入れ、古民家の風情が甦るリノベーション工事

となりました

大きな現場を任せて頂きました、施主様、設計士、元請けの皆様

ありがとうございました(*^_^*)